ワキガ体質はもともとみんな持っていた?驚きの改善方法

誰にでもワキガ体質は潜んでいる!?

ある日、私が満員電車に乗っている時にどこからかツンとするようなワサビとも違うし、汗臭いとも違う感覚を覚えました。人が増えるにつれどんどんその臭いが近づいてきて、とうとう人物を特定することができました。なんとその人は華麗な女性だったのです。臭いの主がイメージとは違い自分の体臭も大丈夫なのか気になりだした出来事でした。このように他人や自分の体から鼻をつんざくような臭いを感じることが人生で一度や二度あると思います。あの臭いはいったいなんなのでしょうか。ここではあの臭いについて詳しく説明したいと思います。

ワキガの正体は実は

ワキガの原因、それはアポクリン腺から出る汗だったのです。全く馴染みのない言葉でしょう。成分としては脂質、タンパク質、糖質、アンモニアで構成されています。この成分を皮膚にある様々な菌が分解することで鼻につく独特の臭いを作り出しているのです。しかし、それだけでは私のように周囲の人が臭いに気づくことがないでしょう。その臭いを拡大させる働きをしているのがエクリン腺から出る汗なのです。この汗が蒸発するときにアポクリン腺から出る汗の臭いを拡散させているのです。このような体質を私たちは「ワキガ」と称しているのです。

ワキガの対処法はあるのだろうか

どのようにワキガを改善していけば良いのでしょうか。世界的に見るとワキガは欧米人に多いといわれており、それは肉中心の食生活が起因しています。人間のアポクリン腺の数は生まれたときから決まっていて、新しく増えることがなく、肉中心の生活がそのアポクリン腺からでる汗の分泌量を助長しているのだけなのです。つまり身近にできる対策法としてはできるだけ日頃から野菜中心の食生活に徹し、アポクリン腺からでる分泌量を抑えることが必要となってきます。

わきがになるとわきのにおいがするようになる原因として、わきにアポクリン腺が多く存在することが原因とされています。